学習机は子供のことを考えて購入しよう|家具の知識を得る

叙勲者への最適なギフト

部屋

身近なところに対象者が

勲章といえば一般的には何か特別な活躍をした少数の人だけに縁があるものというイメージがありますが、実はそうでもありません。確かに勲章の中でも上位のものは政治・経済・文化などの各方面で卓越した業績を残した人たちにもっぱら授与されますが、叙勲の対象になるのはそうした人たちだけに限りません。わが国における勲章の授与対象の1つに、国家または公共に対し長年にわたる功労があった者という項目があります。このため、教育・福祉・保健衛生などの分野で長きにわたって仕事をしてきた人であれば、市井の名もない人々でもその対象になります。かつての恩師や地元のお医者さんなど、身近な人々が叙勲の対象になるケースは意外と多いものです。そうした人たちへのお祝いとして人気が高いのが、叙勲額です。勲章を飾るのにふさわしく、いつまでも記念に残る品物です。

共同で贈るのに良い

わが国においては毎年春と秋に叙勲者を発表しますが、その数は1回につき4,000名前後を数えます。また、これとは別に消防士や警察官など特に危険な業務に従事してきた人々に対する叙勲制度もありますが、その数は毎回3,000名前後です。こうして見ると自分の知り合いが叙勲者になる確率はけっこう高いことが分かります。叙勲額は、授与された勲章を部屋に飾っておくことのできる額縁です。勲章のみを飾るタイプ、賞状と並べて飾れるタイプなど種類はいろいろです。高級感にあふれ、叙勲祝いのギフトに最適です。1つの勲章に対して叙勲額は1つでいいので、周囲の人々が共同で贈るのにふさわしい品です。勲章は積年の功労に対して授与されるのが基本ですから、叙勲者の多くは高齢です。そのためこれからはその対象者が増加することが予想され、叙勲額の需要もますます高まるものと考えられます。